ゾロ目の当選金額は高い?低い?【ストレート解析】 | ナンバーズ3予想攻略

ストレートの解析

ゾロ目の当選金額は高い?低い?

推察

455など、抽せん結果に同じ数字が2つ入っていたり、123などの並び順や246や147などの等差数列の場合に当選金額が下がるような気がしました。 人の心理的にこのような数字を狙う傾向が高い可能性があるかも知れません。 実際にこのような数字によって当選金額がどうなっているか調べてみます。

検証方法について

3パターンで検証する

1.100の位と10の位が同じ
2.10の位と1の位が同じ
3.100の位と1の位が同じ
4.並び順のような傾向のある数字
この4パターンでそれぞれの数字の平均当選金額がどのような値になるか調査します。
4パターンいずれでもない場合の数値を平均値としてこの値と比較します。
調査は第3201回~第5200回までの2000回で計算してみます。

検証結果

100の位と10の位が同じ

00Xや55Xなど、先頭2文字が同じ数字になる場合の調査です。
平均値は92,979でしたので、この金額と比較します。

番号 出現数 平均当選額
00x 20 112,980
11x 17 71,647
22x 21 78,447
33x 21 90,319
44x 23 101,069
55x 10 96,190
66x 22 95,259
77x 19 105,063
88x 17 108,511
99x 17 117,305

1と2は低い

1と2の並びは当せん金額が極端に低いですが、他は3を除きすべて平均以上の抽せん金額という結果になりました。1と2も恐らく誕生日による当選額の減少だと考えられます。

10の位と1の位が同じ

X00やX55など、後方の2文字が同じ数字になる場合の調査です。
平均値は92,979でしたので、この金額と比較します。

番号 出現数 平均当選額
x00 23 97,373
x11 24 78,854
x22 20 79,475
x33 18 102,872
x44 27 96,581
x55 16 106,887
x66 20 105,145
x77 19 106,131
x88 15 103,893
x99 20 104,385

1と2は低い

こちらも最初と同じ結論となり、1と2の並びは極端に当選額が低いです。他はすべて平均以上の結果となりました。誕生日の法則恐るべしですね。

100の位と1の位が同じ

0X0や5X5など、先頭と最後が同じで挟むような数字になる場合の調査です。
平均値は92,979でしたので、この金額と比較します。

番号 出現数 平均当選額
0x0 18 109,900
1x1 24 95,200
2x2 20 100,915
3x3 20 95,805
4x4 14 113,021
5x5 15 109,473
6x6 15 103,353
7x7 17 105,688
8x8 15 101,393
9x9 10 112,680

挟み数字は狙い目

挟み数字の場合、全ての結果において平均値を上回りました。

並び順

123などの並び順や135、147などの等差数列の場合の数字を調査します。
平均値は92,979でしたので、この金額と比較します。

番号 出現数 平均当選額
並び 12 99,441
2飛ばし 11 78,972
3飛ばし 11 65,390

2飛ばし、3飛ばしは低い

2飛ばし(奇数・偶数並び)と3飛ばし(147など麻雀で言うところのスジ)は当選額が低くなる傾向です。 普通の並び順(456など)は平均値を超えているので気にしなくても良さそうです。

解析の結果

同じ数字・並び順は気にしなくて良い?

同じ数字が並んでいても、当選金額には影響しないように見えます。逆に高くなる傾向があるかも知れません。 ここで気を付けるべき数字は誕生日になる数字2飛ばしや3飛ばしの並び順は当選金額が低くなる傾向が強いということです。 ただし、3飛ばしは出現数が多いための人気数字なのかも知れません。2飛ばしの組み合わせは8通りあるのに対して、3飛ばしは4通りですが、出現数が同じ11なので、3飛ばしの出現率は2飛ばしの2倍あることになります。

高い配当金額を狙うという考え

人があまり購入をしないような数字を狙うのがナンバーズ3の一つの攻略法だと思います。当選確率はなかなか上げることができませんが、当選金額の高い数字を選ぶことはできます。 例えば最も低い3飛ばしの金額65,390円と最も高い99xの並びの金額117,305円では80%以上の開きがあります。

ナンバーズ3徹底解析

ストレートの解析

ストレート予想の方法を考察

ストレート予想に役立つ予想の方法を色々と検証していきます。